2020セール A 二華 雪華・ゆきはな 帯留(銀製)雪の結晶-帯留

オフィシャルサイトへ





冬の情景が目に浮かぶ♪

大きさの異なる雪の結晶を二種類を
組み合わせた帯留。

金属でしか表現出来ないリアルな作り。

鏡面仕上げを施し、所々粗す事により
全体を引き締めています。

宝石やスワロフスキー等が付いていない分
お手入れのしやすさは抜群です。

本体と帯留金具部分は一体になっています。

職人の磨き加工や仕上げ等に拘った手仕事!

帯をより美しく見せる帯留!

和装小物を変える事により着物の印象は大きく
変わります。

帯留は上下どちらに向けても使用可能です。

贈り物にも、ご利用下さい。

■製造
梅都工房
「梅都工房」は(有)京都銅器工芸にてデザイン・プラニング・製造された製品のブランドです。
「梅都」は明治時代後期より続く由緒ある蝋型鋳物師の名跡です。
■製法
伝統的な蝋型鋳造法により原型を制作。
研磨、彩色等京都の職人が一つ一つ手作業で仕上げております。
■デザイン
三代目平安梅都によるオリジナルデザインです。
京都らしい、洗練されたデザインは海外でも評価され、販売実績がございます。
⇒三代目平安梅都の略歴を"京都工芸舎について"からご覧になれます

■材質
 雪の結晶・雪華・二華 A…銀925 

■仕様
 鏡面仕上加工
 粗し加工

■サイズ
 雪の結晶・雪華・二華 A…38mm×34mm
 帯締め通し穴幅…約10mm(三分穴)

★帯締めの紐は商品に含みません。

●銀925は(925/1000)の純度が一番丈夫で加工が
 しやすく硫化がしにくい(黒くなりにくい)最も
 品位の高い銀とされています。純銀では柔らかく
 仕上加工等が、しにくいので(75/1000)は主に
 銅や他の金属を銀に混ぜています。

<お手入れ方法>
 銀は空気中の成分等と化学反応する事により
 硫化し変色します。
 銀対応の研磨クロスで磨き綺麗な柔らかい綿布
 で優しく乾拭きして下さい。